靴下生活、はじめました

寒くなってきたので、蓄暖を使い始めました。
(裸足から靴下をはくようにもなりました)

夏の冷房はエアコン以外に選択がありませんが、暖房は様々なものがあり迷うところです。

工務店では、薪ストーブやペレットストーブ、OMソーラーを多く手がけているので
薪ストーブも憧れましたが、メンテナンスや薪割りが大変になってくるであろうこと
ペレットストーブは、ペレットの保管場所の確保
OMソーラーは初期費用が高く、私達が若くて新築だったら採用していたかもしれませんが
残りの人生の方が短いとなると、そこにお金をかけるのもな・・・と思い
元々使っていた蓄暖を移設してもらうことにしました。

家の規模から言うと1台で十分だと言われましたが、処分するのも・・・と思い
リビングと洗面に設置しています。

蓄暖を使い始める時は、専用のブレーカー(左の2つ)を上げます。

1014
蓄暖2台用の分電盤が既製品ではなかったらしく、電気屋さんがオーダーしてくれました。
オーダーと言っても割高にはならずにすみました。

分電盤がある場所。玄関です。
1015

電気の点検の時に家の中まで入らずにすむよう、あえて玄関にしてもらったのですが
スマートメーターだと点検もないのかな?
昔の分電盤はカバーなんてなかったのに、随分とオサレになりましたな。

玄関入ると左にこの収納があり、反対側が部屋への入口になっています。
その入口に照明をつけ、自然とそっちに視線がいくように。。したつもりなので
分電盤は、気にならないかなと思っています。



玄関にあるIKEAの収納。工具類や鉢などが入っています。
1016

元々使っていたものですが、姿見代わりにしたいと思い1箇所だけ扉を鏡に変えたところ
格子戸越しの部屋がうつって広く見えるようになり、鏡に変えて正解でした。
残りの扉も鏡に変えたいです。今思うと、何故3枚買わなかったのかと思っちゃう。


夜は部屋からの灯りが鏡にうつり、ちょっと素敵なのです♪
1017
むふ。。。

| | Comments (0)

どれ?

外構の打ち合わせ時に持って来てもらった板塀の色サンプル。

並べて検討しました。

1012

外壁にあわせて暗い色が良い?

明るい色にしてポイントにするのが良い?


微妙な色の違いですが、わたし決めましてよ~


乞うご期待。

| | Comments (0)

毎日土鍋

仮住まいのアパートで生活していた時、ストーブで料理を作ったらおいしくできて
やっぱり直火だと違うなと思い、新居ではカセットコンロでも料理したいと思っていました。

電気とガスの併用だと、高くなるので(都市ガスは通ってない)
前のオール電化のまま契約しています。

最初はカセットコンロでご飯を炊くつもりでしたが、弱火がうまく調節できず
吹きこぼれてしまう為、結局IHで炊いていたところ

たまたま見つけた「土楽の黒鍋」
1008

鍋はもちろん焼き物もできるし、軽いというので
長谷園のかまどさんは重さで悩んでいたので、これだ!と思って即決。

今まで小さなストウブでご飯を炊いていたので、この黒鍋の軽さは洗うのも楽チンです。
鍋底の面積も広いので、ストウブよりご飯を切るのも楽です。
1011
ごはんもくっつかず、べちゃっと感もありません。

ただ、使い始める前にお粥を炊いて、鍋の貫入をうめ水漏れをおさえる工程が必要だったり
急に高温にするとヒビが入ってしまうらしいので、焼き物をする前に数回鍋料理をしたりと
注意が必要ですが、届いてから鍋・ラーメン・煮物・ごはんと毎日使っています。

そろそろ、焼き物をやってみようと思っています。
パスタを作るとお皿に盛った後もアツアツらしいです。
煮物も火を切ってしばらくは、グツグツしている位です。

オール電化なのに、この黒鍋のお陰でカセットコンロを使う頻度が増えそうです。
おいしくできて、見た目も素敵で買って良かったです。
ストウブの鍋は味噌汁用にして、15年程使っていた味噌汁用鍋を処分しました。
買い足したら処分することを心がけ、物が増えないようにしたいです。

カセットコンロの弱火問題は、私がケチって安いボンベを使っていたからだと判明。
イワタニのボンベは、ちゃんと弱火調整ができました。

この歳になってもまだ詰めが弱い、わたし。。。

| | Comments (0)

無印に通う

引っ越してきてから、待ちに待った無印の良品週間がやってきました。
良品週間中、3回通ったお陰で私の机まわりがやっと片付きました。

作業机の中。
1006

細かな物がスッキリできました。
今までは、使い終わったカレー粉のトレーやお菓子の箱なんぞに分けて入れていたので
これだと見た目も揃っていて、やっぱりカレー粉のトレーよりいいです♪あたり前だ。

何だか、「できるヒト」っぽくて素敵ですわ。


重ねて使える引き出し。
1007



広くないスペースなので机の下にしまい、使う時にコロコロと出せるよう
キャスター台(DIY)に乗せました。

10091010_2
奥行のないタイプの収納なので、座っても邪魔になりません。

私の趣味用コーナーですが、ここで朝やお昼ごはんを食べたりもしています。



落ち着いたら、ここで趣味のアーティフィシャルフラワー作りを楽しみたいです。

1004
そして、いつか。。。作ったものをお届けできたらな~と、思ってます。

| | Comments (0)

スリッパのない生活

新居での生活で一番の驚きだったのは、杉の床です。

特に杉にこだわった訳ではなく、冬にヒンヤリしないという理由から選んだので
夏の快適さは想像以上の大誤算で(良い意味で)今では杉にして本当に良かったと思います。

自然素材を使った家造りをしている工務店なので、杉の床は定番なのですが
打ち合わせの時に冷蔵庫から合板の床材と杉の無垢板を出して
冷たさを比較したのですが、あまりの違いにびっくりしたのを今でも覚えています。


床材は何が良いのか調べていた時、ある設計事務所のブログで床は杉が良いと書いてあり
杉以外の施工は考えられない位、杉は快適と力説していたのがやっと”ガッテン”できました。

塗装は、オスモのクリア。
1001

水回りも全て杉ですが、シミになることもなく汚れても激落ちくんできれいになります。
今は腰痛でできませんが、水拭き掃除もたまにやっています。


何がどんな風に快適なのかというと、出かけて家に帰ってくると
すぐ靴下を脱いじゃう位、足に触れるサラリとした感触が気持ち良いのです。
私達、二人とも足が蒸れやすい体質ってのもあると思うけど。

靴下はいてるなんて、もったいない!そう思える程です。
寒くなったら靴下はくと思うけど、今の所は素足でいます。

それと杉の床は柔らかいので、大の字になって床で昼寝したり
体育座りしてテレビを見たりしても痛くありません。
私は畳で寝るより、床に寝る方が好きな位です。

蒸し暑い時は、床に寝ると更に快適さが良くわかります。
ムシムシしていたのが嘘のように、いつのまにか寝てしまう程です。

先日、遊びに来た友達にも素足になってもらい、床に寝たりして
杉の床を楽しんでもらいました♪

そんな杉の床ですが、柔らかい分傷がつきやすく爪でカリカリしただけでへこみます。
歳のせいで床のポツンとした模様が汚れに見えるんですもの・・・

これは、キャスター付きのイスがある部屋の床。
1002

こんな感じで既に床は傷だらけです。
アイロンで多少の傷は直せるようですが、やってもまたすぐ傷はつくので
あまり気にしないようにしています。

何かを床に落とすと、こうなります。
1003

何を落とした?

こんなのが幾つもありますけど、それでも杉の床にして良かったと思っています。

前の家は合板の床だったので、スリッパのない生活なんて想像もできず
ましてや素足で歩くなんて、とんでもない事でした。
今はトイレだって素足よ。

暮らし方が変わる、工務店から言われた言葉ですが

ほんとうに、そうだなと思います。

| | Comments (0)

昔ながらの道具

週末、温泉へ行って来ました。と言っても、街中の温泉施設ですが。

すいていたのでゆっくりでき、寝湯が気持ちよかった~

ボディタオルにと持っていった手ぬぐい。
びっくりする位、気持ちが良いです。
特に背中。肌に触れる感じがいいのです。

これからは、手ぬぐいで体を洗う事に決めました。
母が溜め込んでたラドン温泉とか○○商店と入った手ぬぐいが沢山あるし。

昔からあるものって、やっぱりいいのだなと思いました。

そして、昔からある繋がりで「山本勝之助商店:棕櫚のホウキ」
注文してから2ヶ月、やっと届きました。

0939
柿渋塗りのチリトリもかわいいです。

今までマキタのコードレスとクイックルワイパーで掃除していましたが
やっぱり棕櫚のホウキは、いいです。

使い始めは棕櫚のチリが出るようで、ゴミより多い?と思える位ですが
そのうち出なくなるようです。
髪の毛もホウキにつくことがなく(たまにあるけど)綿埃がついても掃いてるうちに外に出てきます。

マキタのコードレスは、ブラシに髪の毛がからまってしまうので
いちいち手で取る必要があり、今後は出番がないなと思いしまってしまいましたワ。
充電する場所も決めて、コンセントもつけていたのだけど
ホウキで掃くほうが綺麗になった感じもするし、掃くという作業がとても気持ち良いです。

全ての部屋を掃き終えるとスッキリし、床の木目も美しくなったような。。そんな気さえします。
棕櫚は油分を含んでいる為、ワックスがけの効果もあるからかな?


”壁に並べてかけておく” コレ、ずっと前からの憧れでした。
0938

腰痛になった今、中腰にならずにすむ7玉の長箒がありがたいです。
5玉にしなくて良かった~。

棕櫚のホウキは、一生モノ。それ位、大事に使えば長持ちするそうです。

日本製・職人さんの手作り・長く使えるもの。。。これがマイブームです。


私の昔ながらの道具への欲望は、まだまだ続く。

| | Comments (0)

スイッチあれこれ

家づくりで最後の方に決めるスイッチ・コンセント類。

工務店の標準ではないものにしたかったので、
ホームセンターで現物を見たり、何度もメーカーサイトを見て研究しました。
神保も良かったけど、タンブラスイッチにしたかったのでパナソニックでまとめました。


どこかで使いたいと買っておいたスイッチ。アンティークではありません。

0933


こっちは、Polygiのこだわり。新金属プレートにタンブラスイッチ。
3連までしかないので、バランスを考え2・2ではなく3・1にしました。
09270928
USBは後付けだとごちゃごちゃするので、ちと高かったけどつけました。
右のプレートは、新金属2型です。2型だとネジが見えません。
2型プレートにタンブラ仕様は、ありません。


09320925
コンセントも新金属2型プレート。

カウンター上など、コンセントが目立たない方が良い所は、家具調コンセント。
白もあり、キッチンカウンターで使っています。




ひとつの部屋だけ新金属シリーズで、他の部屋のスイッチはアドバンスシリーズです。
壁からの出っ張りが少なく、マットな質感も良くスッキリしたデザインで素敵です。
0923


ホタルスイッチは、更に美しさが強調されるような気がします。
09300926
どこのスイッチかすぐ分かるよう、換気扇はホタルにしました。

緑のホタルに納得がいかない、そんな方は是非。
なぜ今までなかったのかが不思議な位です。


和室は、壁紙にあわせてベージュにしました。
0929



アドバンスシリーズには、USBもあります。
09340924


コンセントは、あえてモダンプレートにしました。
ちょっとレトロな感じがして好きです。アドバンスよりお安いです。
09310935
コンセントが上下繋がっていないようにしたのもコダワリです。
右の写真はパナソニックからお借りしました。

えっ、繋がってた方がいい?

こだわったんだよぉ(笑)

| | Comments (0)

面倒は、お嫌い

トイレの手洗いカウンター。

二人だけなのでトイレは、ここだけです。
30年近くトイレひとつ生活をしているので、2箇所もあったら掃除が面倒だし
今まで困った記憶がないので大丈夫ってことで(忘れてるだけかな)

0918
裸電球(LED)が素敵なので、1日つけっぱなしです。


手洗い鉢は直接見て決めたかったので、笠間で購入しました。
排水穴の部分に金具がないので、掃除も楽です。

トイレ用の手洗い鉢は、大きいかなと思う位がちょうど良いそうです。
うちのは直径34.5cmで鉢だけ見ると大きいですが、カウンターに置くと違和感なくおさまりました。

0919
しっかり手が洗える大きさです。


水栓金具はカクダイです。
先っちょで水の開け閉めができる為、カウンターに水が垂れる心配がありません。

0920_2


かわいい水栓金具も他にありましたが、手を洗う度にカウンターに落ちた水を拭くのは
面倒だから、これにして良かったです。

| | Comments (0)

ひと月が経ち

引越して1ヶ月が経ちました。

毎日、アホみたいに「私の家っていいわー」としみじみ感じています。
(もちろん、こうすれば良かったなと思う所はあるけど)
大変な事もあったけど、思いきって建替えて良かったです。


去年の夏、工務店から提案されたプランの模型。ここから全ては、始まりました。
0911

工務店選びとリフォームから建替えに決断するまでの経緯は、またいつか書きますが
設計担当の方から提案された平面図を見た時は、正直ピンとこなかったのですが
この模型を見て、心を持っていかれました。

ここで暮らしている様子が目に浮かび、この家に住みたい!と思いました。

平屋に関しては何も希望など伝えていませんでしたが、私達が今まで話していたことが盛り込まれていて
特に外観と中庭があるところがとても気に入りました。

ここで庭を眺めながら過ごしたら、どんなに楽しいだろうと思えました。


物置(左)も家の一部になっているデザイン。素敵ざます。
0913

当初は、右の黒い所は土間+ロフトでした。
ロフトという響きに素敵♪と思ったのですが、ロフトへハシゴで登るのは、この先歳を重ねると不安だし
結局物置化してしまうのと、かと言ってしっかりした階段にすると場所をとり
費用もかかる為、ロフトにする必要がないと判断しやめました。

リビングにソハーを置く場所がなく、ごろっと横になれる和室が欲しかったので
土間をやめ、和室になりました。
ここは天井高があるので、それを使わないのは勿体ない気もしましたが
和室をとれる場所が他になかったのでした。


家を計画していると、憧れるワードに心を揺さぶられますが
本当に使うのか?と、冷静になって考える必要がある事を学びました。


窓の位置は違いますが、この外観はあまり変わっていません。
0912

家の外観が出来てきた際、現場監督からかっこいいです!と言う報告書をもらいましたが

そんなのは、初めからわかってるわい!と思った私です。
だって、この模型を見ていたからね。

細かな所を決めるにあたって、1/100の模型ではイメージしにくい箇所もあるので
ダンボールで1/50の模型を作りました。
0915
照明もつけ、家が出来上がるまで毎日これを見てはニヤつく日々を過ごしていました。

今は庭作りの為に、これを参考に検討しています。



リビングに立つ、わたし。
0916

色決めや窓の位置・大きさなど、実際に作って貼ってみて参考にしました。
キッチンに何か足りないなと感じ、梁を作ったらなかなか良かったので採用しました。



玄関ドアもちゃんと動くんだぜぇ。
0917

| | Comments (0)

栗拾いは腰に注意

毎年恒例の栗刈りへ行って来ました。

今年は、夏の天気が良くなかったのでどうかと思っていましたが
いつも通り、たくさん取れました。

0909

果樹園の方が大きいものより、中位のものがおいしいと言うので
いつもは大きいものばかり拾っていましたが、今回は中粒狙いで拾いました。

まだ腰の状態が完全ではない為、中腰で栗を拾うのが辛く
拾いたいのに拾えず・・・いつもならカゴいっぱいになるのですが
今年は、5.5Kでした。

過去の最高記録が8Kだから、たいした量ではありませんな。

翌日、大きさごとに分けてから、全て茹で数日分だけ残して冷凍へ。
冷凍から出した栗は、レンジでチンして(爆発に注意)食べるとおいしさそのままなので
毎日、チビチビ栗を食べるのが私達の密かな楽しみです。


デッキ近くに外水道があるので、Polygiが外で洗う⇒私が茹でてデッキへ
という流れでキッチンが栗だらけにならず、うまく作業ができました。

0910

デッキ、いろいろと活用しています。

| | Comments (2)

«これから始まるパン祭り